全国通訳案内士には、旅程管理の実務や災害時の対応等の通訳案内士が実務において求められる知識について、

登録研修機関が行う研修「登録研修機関研修」を5年ごとに受講することが義務づけられました。(平成32年度より順次開始予定)

全国通訳案内士が登録研修機関研修を受講しない場合、都道府県は当該通訳案内士の登録を取消すことができます。

(取消しから2年間は、再登録することができません。)


ダウンロード
登録研修機関研修のご案内
登録研修機関研修のご案内PDFをダウンロードできます
Kankocho_tkk-compressed.pdf
PDFファイル 1.3 MB


登録研修機関研修について

全国通訳案内士は、改正法施行後5年以内に初回の研修を受講し、それ以降は5 年ごとに登録研修機関研修を受講することが義務づけられました。

 



登録情報の変更手続きについて

各都道府県において管理する全国通訳案内士の登録情報は皆様の連絡先を管理する唯一の情報となりますので、

変更があった場合には必ず手続きをしていただきますよう、お願いいたします。



動画のご紹介

通訳案内士の魅力をお伝えする動画ご紹介します。観光庁では、今後、この動画を用いて通訳案内士の魅力を発信していくとともに、内外での通訳案内士の認知度向上、利用促進のための取組を進めてまいります。



 < 観光庁 観光人材政策室からの調査協力のお願い >

 

 このたび、観光庁「多様な主体による外国語ガイドの実態把握調査・普及啓発事業」の一環で電話アンケートを実施しています。平成30 年1 月4 日に改正通訳案内士法が施行され、通訳案内士の資格をもたない方でも、有償で外国語を用いたガイド業務ができるようになりました。主な背景として、近年訪日外国人旅行客からの外国語ガイド需要が急増したことと、多様化する外国語ガイドニーズへの対応が急務となったことが挙げられます。

 外国語ガイドさんの裾野が広がる一方で、国としては外国語ガイドさんの質の維持・向上のための取りくみが必要と考えています。しかし、現時点では、外国語ガイドさんの人数や活動内容等に不透明な部分が多く、実態把握が必要な状態です。今後、多様な外国語ガイドさんに活躍の場を提供するための基礎情報収集として、ヒアリングへのご協力をお願いいたします。なお、本調査内容は、集計され統計データとして一部公表されることがありますが、集計前の状態で公表されることはありません。

 

本活動について:観光庁ホームページ>>


~ 外国語ガイドさんへの アンケート項目(抜粋)~

【基本情報】性/年代、居住エリア、ご職業、ガイド対応言語、ガイド経歴、対応ガイドエリア、通訳案内士資格の有無

【活動について】年間ガイド回数、ガイド平均所要時間、平均ガイド報酬、就業可能時期、時間帯、得意なツアー、ガイドに活かせる特技

【試験について】通訳案内士資格の認知、通訳案内士試験の受験意向、登録研修機関の実施する研修の受験意向 

アンケートへの回答は5~10分ほどの内容です。個人情報保護方針に同意いただいた後にご回答ください

※Googleフォームが開きます 【ご回答期限 2020年1月31日】